競馬・馬券

18チューリップ賞と弥生賞の注目馬を紹介!ダノンプレミアムが始動します

投稿日:

どうも、エスティーです。

このレースを見れば、クラシック的中に大きく近づけるはず!

そういったレースが、今週牡馬牝馬の両方で行われます。

 

土曜日のチューリップ賞、日曜には弥生賞となっています。

クラシックで注目されている馬たちが、早くも対決。

見逃せない1戦になるでしょうね

スポンサーリンク

チューリップ賞の注目ポイントと馬

今年のチューリップ賞はハイレベル!

1強の時も多いこのレースにしては、かなり混戦ムードでしょう。

 

なぜなら、阪神JFの上位馬が全て出走するからです。

本当に難しいレースになりそう。

 

僕が注目するのは、ディープインパクトの産駒たちです。

桜花賞では、毎年のように活躍馬が出ることから前哨戦からチェック。

今年は3頭が、チューリップ賞にエントリーしています。

 

その中で注目したいのが、マウレアです。

阪神JFでは3着と好走、前走は5着でしたが、一度たたいた効果はあると思いますね。

 

見逃せない点は兄弟にアユサンがいるところ。

同馬は13年の桜花賞勝ち馬。

軽視することは出来ないでしょう。

 

阪神での走りはすでに見せてくれています。

条件的に不安はないでしょう。

また、賞金を考えると陣営は本気でここを取りに来るはず!

 

これらの点から、マウレアを注目して見ています。

 

弥生賞の注目ポイントと馬は

次は、弥生賞の方に話を移しましょう。

注目ポイントは王者の走りです。

どういうことでしょうか?

 

なんといっても、王者と言えばダノンプレミアムでしょう。

ホープフルSが確立したことで、メンバーが割れたとはいえ朝日杯FSの走りは衝撃。

新馬戦から相手がいないと言わんばかりのレースぶりは、かなりの能力です。

 

王道とも言われるこのレースに出るのも自信の表れ。

敵は距離しかないでしょうね。

 

もう1頭名前を出すのならば、怖いのはオブセッションです。

同馬はまだ、500万までしか戦っていませんが、そこで圧勝。

強い馬とは初対決になりますが、その分怖さがあるでしょう。

 

また、陣営にも怖さあり!

ルメール×藤沢厩舎のコンビで、今年も旋風を巻き起こせるでしょうか。

非常に注目です。

 

弥生賞&チューリップ賞まとめ

いかがでしょうか。

皆さんそれぞれ、注目する馬やポイントは違うでしょう。

僕個人的には、このような感じになりました。

 

弥生賞は、特に今年のメンバーはレベルが高いと言われているため難しくなりそう。

皐月賞に向け、最高のスタートを切るのはどの馬になるのか。

今から楽しみになってきますね。

 

予想公開は明日から行うので、合わせてごらんくださいね^^

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.